一つずつじっくり覚えていこう!期間工の仕事に慣れるコツ

しっかり休んで同じ姿勢での作業は極力避ける

期間工の作業で大変なのはどの業種にも限らず「重たいものを持つ」、「同じ姿勢で同じ作業を繰り返す」事といわれています。一日8時間、同じ姿勢で2キロ程度のものを持ち上げる続けるだけでも、腰や肩を痛めてしまいます。怪我を避けるためには、作業姿勢を1時間おき程度に変える必要があるといわれています。物を持ち上げる時に少し半身になる。または、腕の力だけで持ち上げようとしない。そのような変化を細かく入れることで怪我をする危険性を大きく低下させる事が出来ます。特に就労を開始してすぐは痛めやすいので、適度に休む事がおすすめされています。仕事を早く覚えようとして、昼休みを早く切り上げて作業に戻ったりする事はおすすめできません。基本的なようですが、これらが最大のコツといわれています。

人間関係を構築しよう

期間工は一定期間の間、同じメンバーと顔を合わせる事が多くなります。下手をすれば「ストレスの温床」になってしまい、精神衛生的にも仕事の効率的にも良い影響はありません。逆にうまく人間関係を構築できれば、わからない部分を教えてもらえたり、自分が休みたい時に代理で入ってもらえるようなメリットもあります。仕事の合間の挨拶や、仕事終わりの挨拶はキッチリすることが最初の一歩です。また、わからない事があれば積極的に聞いてしっかりと学ぶ姿勢を見せるのも有効的だといわれています。わからない事をわからないまま状態のまま作業をすすめると、必ず他のメンバーにしわ寄せがいってしまう傾向があります。それを防止しようと学ぶ姿勢をしっかりとみせることは、他のメンバーからの信頼を得る絶好の機会の一つです。

© Copyright About Work Period. All Rights Reserved.