期間工といえばコレ!自動車製造ラインの仕事内容とは

自動車製造ラインの仕事内容の基本

自動車製造ラインの仕事とはそれぞれの担当者をライン上に設置して、流れ作業の中で自動車を製造していく事が基本内容になります。それぞれの作業は比較的、単調とよばれる簡単な作業が多く、未経験者でも行えるため、やる気さえあれば誰でも就労する事は可能です。フロントガラスに傷やヒビがないかの点検や、車のドア等の溶接は一般的です。少し仕事に慣れてきたら「電着塗装」と呼ばれる作業をする事もあります。大きなプールに自動車のボディを浸し、塗料を全体的にムラなく塗装していく作業です。また、素材となる金属を溶かして型に注意深く流す「鋳造」や最終チェックの一つ前に行われる「ボルト締め」などは自動車製造ラインの特徴的な仕事といわれています。

エンジンの組み立てと製造は少し特殊です

自動車製造ラインの仕事の中でも、エンジンに関する作業は少し特殊といわれています。基本的には専用の生産ロボットが自動的に鋳造や機械加工を行うのですが、細かい部分は熟練された担当員が部品を一つずつ点検したり、部品を組み込んだり特殊なボルトを固定させたりしつつ、エンジンを完成させていきます。エンジンとは車の心臓部分ですので、僅かなミスもないように緊張感を持って、注意深く作業をする必要があります。しかし、それだけに車の心臓部分であるエンジンの製造に携わることでの満足感は大きいといわれています。これらの作業をこなす担当員になれば、賃金も多くなる傾向があります。単調な仕事に慣れてきたら、エンジンに関わる担当者になりたいと申し出てみる事がオススメだといわれています。

© Copyright About Work Period. All Rights Reserved.